絶滅危惧植物の保護育成

◎ボランティアの内容

植物園をつくり、箕面国定公園の絶滅植物、絶滅しそうな植物を保護育成しています。
リュウノウギク、セリバオウレン、ナギナタガヤ、トキワイカリソウ、ヤマシャクヤク、など。
畝づくり、植え付け、植物の手入れ、草抜き・草刈り、動物除けの垣づくり、ほか

●道具はほとんどありますが、何かもってきて頂いてもかまいません。持ってきたものはその日に持って帰ってください。

●作業は午前中ですが、午後に近くの森を散策したい方には案内しますので、散策ご希望の方はお弁当持参ください。

●対象は、子どもからおとなまで。小学生以下は親子同伴。

●団体保険には入っておりません。参加者みんなでできるだけのことは致します。傷手当用品・薬などは各自ご持参ください。

◎ボランティアの活動日時

毎月第3土曜日(雨天中止)
午前9時30分~12時

※午後に森を散策される方は、お弁当を持参ください。

【活動予定】
7/21、8/18、9/15、10/20、11/17、12/15

◎ボランティアの活動場所

箕面滝の上の道路トンネルを北へ出たところ

◎募集締切日

随時

◎申し込み方法

メール・電話

◎連絡先

団体名

杉の茶屋野生植物園の会
(作業母体はNPO箕面自然観察会)

担当者名

あさば

電話番号

072-724-2553

メールアドレス

asaba@coast.ocn.ne.jp

連絡がつく曜日・時間帯

 

その他・特記事項